サイト紹介

ようこそ!ここち・けあへ

このサイトの紹介です。手術の備忘録を兼ねて綴ります。術後不安になっている人が、自分と同じ不安を味わっている人もいるんだとか、大丈夫なんだとか、やっぱり病院に行ってみようとか、少しでも役に立てるように、心地よく過ごすことができるように綴ります。
子宮全摘・右側卵巣摘出術

子宮全摘・右卵巣摘出術から1年~ようやく気にならなくなった体の傷

子宮内膜症と卵巣ガンと診断され子宮全摘と卵巣摘出。卵巣の病気は開けて見ないと分からない。病理検査の結果「子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、チョコレート嚢胞」だった。そのために子宮全摘、右卵巣摘出。このブログは、経過ブログ。術後1年の体調は?
高血圧

原発性アルドステロン症疑い~カプトプリル(カプトリル)負荷検査~最終診断がでました!

偶然見つかった高血圧。最初は「上が200mmHG、下が160mmHG」。1年半後の今は、約上が150mmHG下が110mmHG。そんな私に原発性アルドステロン症の疑いが。今回はカプトプリル(カプトリル)負荷試験という検査をしました。そして診断も。
高血圧

原発性アルドステロン症疑い~生理食塩水負荷検査

偶然見つかった高血圧。最初は「上が200mmHG、下が160mmHG」。1年半後の今は、上が150mmHG下が110mmHGくらい。そんな私に原発性アルドステロン症の疑いが。診断を下すために検査が必要。今回は、生理食塩水負荷試験という検査をしました。
高血圧

診断された原発性アルドステロン症とは?

偶然見つかった高血圧。最初は「上が200mmHG、下が160mmHG」。1年半後の今は、上が150mmHG下が110mmHGくらい。そんな私に原発性アルドステロン症の疑いが。原発性アルドステロン症とは?どんな風に診断されるのかを調べてみた。
高血圧

高血圧で治療中・原発性アルドステロン症疑い

偶然見つかった高血圧。最初は「上が200mmHG、下が160mmHG」。1年半後の今は、上が150mmHG下が110mmHGくらい。なかなか下がらない。たまに上が170mmHG出ること。そんな私に原発性アルドステロン症の疑いが!これから検査していきます。
コロナ関係

新型コロナウイルスかも…と不安に思っている人たち。意外に多い

今まで、新型コロナウイルスの感染者数を見て、驚いたり、安心したりしていました。 しかし、ある体験を読んで、今では、その数は、はっきりした人であって、グレー症状の人たちもおられるんだよなーと考えるようになりました。 ...
コロナ関係

毎日熱を測る生活~新型コロナウイルス対策

皆さん、毎日熱を測っていますか? 新型コロナウイルスに感染していないか、毎日不安な日々を過ごしている方も多いと思います。 感染者が減ってきたとは言え、まだまだ、油断は禁物です。 こんなに毎日熱を測る生活は、今まで生...
コロナ関係

子宮全摘・右卵巣摘出術から10か月~新型コロナウイルスについて思うこと

子宮筋腫と子宮内膜症、子宮腺筋症・チョコレート嚢胞のために、開腹手術。子宮全摘・右卵巣摘出術してから10か月(術後10か月)🎶 術後10か月の体は? まだ10か月、もう10か月😊 最...
術後6か月

子宮全摘・右卵巣摘出術から6か月~待ちに待った落ち着く目安?

子宮筋腫と子宮内膜症、子宮腺筋症・チョコレート嚢胞のために、開腹手術。子宮全摘・右卵巣摘出術してから6か月(術後半年6か月)🎶 術後6か月の体の変化は? 2020年に入って、もう1か月です。時が過ぎるのは...
生活

子宮全摘・右卵巣摘出術から5か月半~動ける!でも後でくる…年末の大掃除

子宮内膜症と卵巣ガンと診断され子宮全摘と卵巣摘出。卵巣の病気は開けて見ないと分からない。病理検査の結果「子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、チョコレート嚢胞」だった。そのために子宮全摘、右卵巣摘出。このブログは、経過ブログ。術後5か月半の体調は?術後の大掃除は?
術後4か月

子宮全摘・右卵巣摘出術から約4か月~体がだんだん元に戻ってくる感じ

子宮内膜症と卵巣ガンと診断され子宮全摘と卵巣摘出。卵巣の病気は開けて見ないと分からない。病理検査の結果「子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、チョコレート嚢胞」だった。そのために子宮全摘、右卵巣摘出。このブログは、経過ブログ。術後4か月の体調は?
術後3か月

子宮全摘・右卵巣摘出術から約3か月~痛みに慣れる

子宮内膜症と卵巣ガンと診断され子宮全摘と卵巣摘出。卵巣の病気は開けて見ないと分からない。病理検査の結果「子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、チョコレート嚢胞」だった。そのために子宮全摘、右卵巣摘出。このブログは、経過ブログ。術後3か月の体調は?痛みに慣れる?
術後2か月

子宮全摘・右卵巣摘出術から約2か月~からだの変化~

2019年の2月、子宮内膜症と卵巣ガンと診断された。卵巣の病気は開けて見ないと分からない。病理検査の結果「子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、チョコレート嚢胞」だった。そのために子宮全摘、右卵巣摘出。このブログは、経過ブログ。術後2か月の体調は?傷みの変化はある?
医療費について

高額医療費の申請(高額医療費支給申請書)の書き方のまとめ

入院や外来で、高額の医療費を払った!そんな時に高額医療費支給制度を使って、お金を戻してもらおう!しかし、申請はどんなふうにする?申請書を見つけたけど、どんなふうに記載する?どのくらいで支給される?もし忘れていたら?などをまとめました!
病状について

診断された子宮内膜症とは?

生理痛が酷い。生理痛が酷いと子宮内膜症が疑われるが病院へ行きたくない。子宮内膜症とはいったいどんな病気か、どんな症状なら病院へ行くべきか、子宮内膜症を放っておいたらどうなるかなど、子宮内膜症についてまとめました。
治療法について

子宮や卵巣の病気に有効なホルモン治療とは?

閉経後にホルモン治療開始、生理痛が酷いのでホルモン治療開始、卵巣腫瘍の疑いでホルモン治療開始など、ホルモン治療、ホルモン療法という言葉をよく聞きます。ホルモン治療やホルモン療法とはいったいなんなのか、どういうものがあるのかをまとめました。
病状について

手術後病名確定!チョコレート嚢胞とは?

術前は卵巣がんと診断、開腹して、子宮や片側卵巣を摘出。術後に診断されたのは「チョコレート嚢胞」という病名でした。チョコレート嚢胞とは何かを調べてみました。 卵巣腫瘍の一種であるチョコレート嚢胞 チョコレート嚢胞とは、子宮内膜が卵...
治療法について

腫瘍がある時に検査する腫瘍マーカーとは?

腫瘍やがんが見つかった時、参考にするための検査として腫瘍マーカーが選ばれる。腫瘍マーカーとは?腫瘍マーカーで高い数値が出たら絶対にがんということ?色々不安になりますよね。腫瘍やがんの診断の参考になる腫瘍マーカーについてまとめました。
病状について

病院で診断された!卵巣腫瘍とは?

病院で卵巣腫瘍と言われた!卵巣腫瘍とは、子宮の左右にある卵巣に発生する腫瘍のこと。卵巣腫瘍ってどんなものなのか?卵巣がんのことなのか?卵巣腫瘍に症状はあるのか?どんな治療をするのか?などをまとめました。
術後の傷の治療について

術後傷テープを貼るのはなぜ?

どんな手術でも、傷口があるなら、その傷口を綺麗に治したい、傷口を広げたくない、傷口を悪化させたくないと思う人は多いはず。そのためには傷テープを貼るのはおすすめです。しかし、なぜ傷テープを貼るのがおすすめなのか、理由をまとめました。
タイトルとURLをコピーしました